お問い合わせ・ご予約

トランサミン服用(トラネキサム酸)


できてしまった気になるシミには外と内側から同時にケア
治療のポイント

トラネキサム酸は抗止血作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用を目的として、古くから止血剤として使用され、湿疹、じんましんなどの皮膚疾患でも処方されていました。

しかしそれだけではなく内服・外用することで、くすみのようなシミ(肝斑)や色素沈着に、優れた効果を発揮するお薬なのです。

治療の効果

肝斑とは、主に30~40歳代女性にできる薄茶色のシミです。左右対称に目の下の頬、眉の上(額)、鼻の下などの口の周りに現れます。妊娠、分娩、閉経、経口避妊薬の投与などをきっかけに出現することが多く、放っておくと広がる場合があります。

また老人性色素斑は頬やこめかみにできる境界のはっきりとした大小の薄茶色のシミ。老人でなくても早い人は20代でもできることもあります。いわゆる光老化、紫外線を浴びた結果起こるメラニン色素の沈着が原因です。

トラネキサム酸はこの肝斑・老人性色素斑に効果があります。服用を続けることで、シミの発生を抑えたり、肌のくすみ・赤みを解消することが出来ます。

スタッフブログ

facebook

セントローズクリニック動画一覧

セントローズクリニックの新テレビCM本日から放送開始!

お友達紹介 お友達と一緒にキレイに…

お客様アンケート

ポイントシステム

モニター募集 無料でキレイになる秘密

目元は美しく若返る。二重専門サイト

水の力を利用する脂肪吸引 ボディジェット

3種のレーザー機器導入 医療レーザー脱毛専門サイト

高周波で身体の深部からあたため体質改善「インディバ療法」

宮城県以外の遠方からもご来院いただいております

宮城県以外の遠方からもご来院いただいております

宮城県以外の遠方からも
ご来院いただいております
青森県のお客様へ
秋田県のお客様へ
岩手県のお客様へ
山形県のお客様へ
福島県のお客様へ

page
top