美容外科セントローズクリニックHOME << 診療内容 << 二重・目元 << 上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみ
年齢とともに上まぶたが落ちてきて重たげな目元の方には、まぶたのリフトアップがおすすめ

キャンペーン

 

上まぶたの若返り

症例

治療部位上まぶたのリフトアップ(眉毛下皮膚切除術)


特徴

加齢の変化はまず目元に現れます。10年前のあなたとどこが変わったのでしょうか?
皮膚のハリが低下した、小じわが増えたなどありますが、「二重のラインがかぶってきた。」特に外側が下がり三角眼のようになっていませんか?

幅が小さくなった二重を解消するには切開法がお勧めです。皮膚の余りや膨らみが目立つ場合には、残念ながら「埋没法」では無理なことが多くなります。実際に手を加える手術を行えば、微細な修正を施すことが可能なため、皮膚の余りを解消することができます。

治療のポイント

個人差の大きい目元でありますから、よりよい結果を得るためには、それぞれのケースに対して適切な手術方法を選択した上で、デザインし、正しく手術が行われることが必要です。ケースによっては単純な方法で十分であったり、緻密な手術が必要となることもあります。

また、目元は術者の経験とそのフィードバックが求められる分野であります。当院では、どのような手術が行われるか、そして手術後のフォローアップ体制がどうなっているのかの説明を重視して行っております。

治療の効果

上眼瞼(まぶた)のリフトアップにより、治療前の疲れた印象、眠たげな表情が、シャープで、生き生きとした表情に変わります。また、まぶたの重さが取れて視野が広がり、楽になったと感じることでしょう。

治療の流れ

1.カウンセリング

カウンセリングを行い、上眼瞼リフトアップが向くかどうかを診察します。

2.麻酔

局所麻酔を使用しますが、「思ったほど痛くなかった」との声をいただいています。

3.治療
当院の上まぶたの治療は、症状や皮膚の厚さなどを考慮し、3つの方法を用意しています。

  • (1) 埋没法
    皮膚を医療用の糸で瞼板という組織に固定します。ただし、比較的皮膚の余りが少なく、また開眼機能が弱っていない方に限られます。そうでない場合は以下の(2)や(3)の方法をおすすめします。
  • (2) 上眼瞼皮膚除皺術(じょうがんけんひふじょすうじゅつ)
    現在の二重のラインを利用するか、あるいはその前後から上方に、計測された余剰の皮膚を取り去ります。場合によっては、眼瞼挙筋という上まぶたを引き上げる筋肉の腱膜を短縮し、まぶたを開けやすくする方法も併用します。
  • (3) 眉毛下皮膚除皺術(びもうかひふじょすうじゅつ)
    上述した(2)の方法が可能な方でも幅の広い皮膚を切除しなければならない方や、まぶたの皮膚が厚い方、または一重の方にはこちらの術式がおすすめです。眉毛のちょうど下のラインから適度な皮膚を取り去ります。二重の方はラインの自然さをキープできます。また一重の方が二重になることはありません。
4.治療後

埋没法の場合は腫れは比較的少なめで経過することが多いと言えます。数日で問題なく過ごせるようになります。しかし、出血斑や腫れが生じた場合は1週間ほどの経過が必要な場合があります。

上眼瞼皮膚除皺術の場合は、抜糸は7日目に行います。腫れは1週間ほどで、抜糸が終了すればメイクをして日常の生活を送れるようになります。二重の幅も腫れのためやや高めに感じるでしょう。

眉毛下切除術の場合、腫れは限定的で、抜糸が終われば日常の生活に支障を来すことは少ないでしょう。眉毛下の傷跡は約3ヶ月は赤みを帯びることがありますが、メイクにてカバーができます。また、それ以降はほとんど分からないくらいに落ち着いていきます。

アフターケア

  • 手術当日について
    多少の腫れが生じますのでメガネやサングラス、帽子などをご持参いただく事をお勧めいたします。
  • 手術部分について
    • 1週間はまぶたを強くこすったりしないでください。また、手術後に腫れがある場合は、まぶたを濡らさないように冷やしてください。
  • 洗顔・入浴
    • 手術当日の洗顔はできません。まぶたの洗顔・メイクは、1週間後の抜糸後から可能となります。
    • 手術当日は、首から下のシャワーは可能です。入浴は翌日から可能となります。
  • コンタクトレンズの使用
    • コンタクトレンズは、翌日より装着が可能です。
  • 乗り物・運動
    • 手術当日は、車・バイク等の運転はご遠慮ください。また、翌日以降でも「まぶた」のむくみが強い場合はお控えください。
    • 激しい運動をなさいますと手術部分に腫れが出る場合がございますので、1週間はお控えください。

あなたの目をさらに魅力的にする治療法

目頭切開法 ~目元をスッキリさせて大きく印象的な瞳に~
目頭に余分な皮膚が被ってできる「蒙古(もうこ)ひだ」。これがあると、幼い印象を与えがちです。除去することで、大きく魅力的な目にできます。当院では、傷になりにくい工夫とデザインを凝らし、治療しています。

挙筋前転法 すっきりとした若々しい目元へ
切開法に眼瞼挙筋の修正を加えることで、黒目を大きく見せ、魅力的な目を手に入れることが可能となります。挙筋短縮術を併用している場合は、3ヵ月以降に修正術を行い、ラインの幅を調整することもあります。

目尻切開 切れ長な印象的な目元を実現
目尻を数ミリ延長することで、切れ長で大きな目を手に入れることが出来ます。

たれ目形成術 やさしい目元を作ります
下まぶたの中央~外側にかけてやや下げてあげることで白目が大きく見え、大きな目の印象を与えることができます。また柔和なイメージを作り出せます。

スタッフブログ
facebook

相談予約受付時間 10:00~22:00 TEL:0120-4107-89 メール相談・メール予約

初めての患者様へ 特典のご紹介

会員専用 毎月月次に更新します

お友達紹介 お友達と一緒にキレイに…

お客様アンケート

ポイントシステム

セントローズクリニック動画一覧

モニター募集 無料でキレイになる秘密

セントローズクリニックの新テレビCM本日から放送開始!

目元は美しく若返る。 二重専門サイト

水の力を利用する脂肪吸引 ボディジェット

3種のレーザー機器導入 医療レーザー脱毛専門サイト

高周波で身体の深部からあたため体質改善「インディバ療法」

セントローズ独自のメンテナンス治療

美容辞典

資料請求 美しく若返るための近道

宮城県以外の各地域からもご来院いただいております


Copyright© ST.ROSE CLINIC. All Rights Reserved